New article

事故を起こしてしまい修復できない状態になってしまった、修復するのに多大な費用が掛かってしまう、古すぎて売ることすらもできない状態になってしまったという場合、自然と廃車する方向に話が進むことになります。
特に軽自動車はあまり丈夫に作られている車ではありませんので、ちょっとした事故でも廃車しなければならないほどの損傷を受けてしまったり、税金が安いため乗らなくても所有し続けることが多いので、登録車よりも廃車する機会が多くなりがちです。

 

廃車とは

廃車とは、文字通りその車を破棄するときに行うもので、通常では車を廃車するという手続きとその車を物理的に車ではない形、要するに鉄くずにするという2つの作業が伴います。
しかし、廃車には2つのものがあって、それによって若干手続き方法などに違いが出てきます。

 

永久抹消登録

永久抹消登録とは、まさに廃車そのもののことで登録として無いものとする、車も鉄くずにする、要するに廃棄処分するときに行う手続きです。
事故を起こして直らないから、直せないから廃車にする、ボロボロで車として使えなくなってしまったという時に行うのがこの永久抹消登録です。

 

一時抹消登録

この場合は廃車といっても現実的には廃車にする、車を鉄くずにするわけではなく、登録を一時的に抹消することを指します。

車というものは国の管理下に置かれているわけで、公道を走る車はすべて登録しなければなりません。
しかし、例えば長期間、その車に乗る機会がなくなったり、公道を走るわけではなく家のガレージに飾っておきたいといった場合のように、後々再度乗る可能性がある、あるいは車自体はそのままの姿にしておきたいといった時に、この一時抹消登録をすることで車自体はそのままで登録上だけ無いものとすることができるのです。

登録がないということは、当然ですが公道を走ることはできなくなります。
それと同時に自動車税や自賠責保険料を払う必要もありませんし、車検を受ける必要もなくなります。
もちろん公道を走る必要性が出た場合は、再度登録や車検を受ける、税金を支払うといったことをすることでそれまで通りのように公道を走ることができるようになります。

 

廃車手続き

廃車手続きは通常では個人が行うことはないでしょう。

例えば、今乗っている車を廃車して新車を買うといった時ならディーラーがついでにやってくれますし、事故で大破した時なども損害保険会社によって廃車手続きを代行してくれるはずです。
しかし、廃車手続きをするにはディーラーがするにも損害保険会社がするにしても、代行業者にお願いするにしても必ず手数料を請求されることになり、その金額もばかにできませんので、そういったところにお願いしないで自分で行う方もいます。
手続き的にちょっと面倒な部分がありますが、たいして難しくありませんし、費用的にも実際にかかる手数料などだけで済みますのでかなり安くできるでしょう。

 

廃車手続きの流れ

では、実際にどういった流れで廃車手続きを行うのか見ていきましょう。
一部、永久抹消登録と一時抹消登録によって違う部分もありますが、基本はほとんど同じ流れとなります。

 

必要なものを集める

公的な手続きを行うため、まず何はなくとも書類やそれに伴った必要なものを用意します。
軽自動車の廃車において必要な書類は・・・

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 身分証明書

車検証や自賠責保険証明書、リサイクル券はグローブボックスなどに入っていることが多いのでそれを出すだけです。
身分証明証は、廃車手続きを行うだけであれば運転免許証などでいいのですが、廃車したことによって重量税の還付を求める場合は、マイナンバーとマイナンバーを証明する書類(マイナンバーカード、通知カードなど)も必要になります。

必要なものは・・・

  • 認印
  • ナンバープレート
  • 解体作業が完了した日付
  • 移動報告番号

印鑑に関しては、登録車の場合は実印が必要となりますが、軽自動車の場合は認印があれば大丈夫です。
ナンバープレートは、封印を取り外したうえで前後のナンバープレートを取り外しておきます。

永久抹消登録の場合は、車を解体した日付が必要となります。
ただ、解体業者から正式な書類は発行されるわけではなく、日付さえわかればいいので、メモ書きやスマートフォンに記録しておけばいいでしょう。
ということは、永久抹消登録の手続きを行うには前もって解体業者などで解体済みにしておかなければならないということになります。

移動報告番号はリサイクル券があれば、それに記載されているのでそれを見ればいいでしょう。

 

手続き

廃車手続きを行うのは、軽自動車の場合は陸運支局ではなく、軽自動車検査協会で行います。

必要書類や必要なものを持って、まず各地にある軽自動車検査協会に赴きます。
そして、そこに用意されている自動車検査証明書交付申請書か軽自動車検査返納届を作成し、窓口に必要とされるものと一緒に提出します。

作成書類は、永久抹消登録の場合は軽自動車検査返納届を、一時抹消登録では自動車検査証明書交付申請書を作成します。

 

税金関連の手続き

廃車手続きが終わったからといってすべてが終わりではありません。
廃車を行ったことによって軽自動車税の納税義務の抹消を行わなければなりません。

手続きにおいても一つの流れとなっているので忘れることもないかと思いますが、これを行わないと翌年度に軽自動車税の納付書が送られてきてしまいます。
自動車重量税に関しては廃車手続きの段階で手続きができているのでここで行う必要はありません。
それから自賠責保険料ですが、こちらも手続きによって返金されることになりますが、手続き先は軽自動車検査協会ではなく、加入している自賠責保険を取り扱っている損害保険会社となりますので、この手続きとは別途で手続きをしなければなりません。

 

売れない車はない!?

ここまで廃車手続きに付いてお話しをしてきましたが、実はどんなポンコツ車でも売れないということはありません。
少なくとも数万円にはなるものなのです。
詳しくは、買い取ることができない車は存在するのかでお話しをしていますので、参考にしてみて下さいね。