New article

新車を安く買いたいと思うのは誰しも同じで、お金持ちでもきっとそう思うことでしょう。(石油王やIT長者は別かも知れませんが・・)
しかし、販売側も商売ですのでそう簡単には値引きなどしません。

そういった中で、値引きを引き出すにはこうした方がいいとか、ああした方がいいといった、いわゆる値引き術なるものが蔓延しており、人から人へ、あるいはインターネットを通じて、いろいろな情報が広がるわけです。
中でも比較的古くからあり、意外と効果が高いのがライバルとの比較です。
どの自動車メーカーも似たような車を作っているわけですから、そういったモデル同士をぶつけあって値引き額を引き出すのが効果的なわけです。

 

ライバルとの比較方法

ライバル会社同士のモデルを比較して、それによって値引き額を引き出すには、準備が必要です。

まずは本命とする自動車メーカーのモデルの販売価格や人気状況、車格などを調べます。
これはライバルとする車を見つけるのに必要なデータで、車が好きな方であれば細かい金額まではわかりませんが、どういったモデル同士がライバルかということがすぐにわかると思います。
あとはインターネットなどを駆使して足りない分を調べ上げることになります。

 

次にこれから買おうとしている車がどれくらいの値引きになるのかを知ります。
これは一般的なデータではなく、実際に一度ディーラーに足を運んで見積書を取り、値引き額がいくらになっているかを知っておきます。

そして次に行いたいのが、ライバル車とした車の見積もりを取ることです。
間違っても「見積書だけをもらいに来ました」といった体でディーラーに行くのではなく、本当に買うかもしれないといった態度で臨まないと的確な見積もり、要するに値引き額を知ることができません。

その時に、本命とする車の値引き額より少ない値引き額となっている場合は効果が出ませんので、ライバル車で買う気のない車の見積もりでも頑張ってできるだけ高い値引き額を引き出します。
どうしても高い値引き額を引き出せない場合は、ライバル車となりうる違うモデルの見積もりを取ることも考えましょう。

本命とする車の値引き額より高い値引き額が記載された見積書を取ることができたら、今度は本命のディーラーに再び足を運び、その見積書を見せて再度値引き交渉です。

よく「○○のディーラーでは50万円ぐらい引くといっていましたよ・・・」と口頭で他社の値引き額が大きいことを伝えて、それで交渉に臨もうとする方がいますが、それははっきり言って全く意味のないことで、ディーラーとしても買う側の常套手段としてしか聞いておらず、信用していないので効果を期待することはできないでしょう。
明確な証拠を持って臨むのが成功の秘訣です。

 

ライバル車の選定が肝

ライバル車を引き合いに出して値引き額を高くさせようとするには、そのライバル車の選定が重要となります。

 

車格を同じにする

車格はその車の価値の高さ、車両価格を決めるうえで重要なものです。
例えば、中型ミニバンであればこれくらい、軽自動車であればこれくらい、大型セダンであればこれくらいといったように車格にあわせてある程度の価格帯が決まってしまいますので、その範囲から大きく外れたものはライバル車としても意味はないでしょう。

300万円の大型セダンを買おうとして100万円の軽自動車を引き合いに出しても「それなら安い軽自動車を買ってはいかかでしょうか」といわれるのが落ちです。
車格は最大でも一つ上か下ぐらいまでにしておきましょう。
可能であれば同じ車格が良いですね。

 

人気傾向を同じぐらいにする

同じ車格の車でも爆発的に売れているモデルと全く売れないモデルが出てきます。
当然のことながら売れるモデルでは値引き額が低く、売れないモデルでは驚くような値引き額を提示してきます。
この時に、例えば大人気のモデルを買うのに、人気が全くない車を引き合いに出して「80万円の値引きしていますよ」といっても立て板の水であって、全く取り合ってはくれないでしょう。

若干人気の落ちる車をライバル車とするのがベストです。

 

ジャンルを間違えない

これは自動車をあまり知らない方がよくやってしまうことなのですが、ジャンル違いの車をピックアップすることがあります。
自動車には、目的や構造などによってジャンルというものがあり、同じジャンルのモデルでないと値引き額を引き出す効果はあまりありません。

テレビCMや自動車メーカー側の販売戦略によって間違ったイメージを持ってしまい、それによってその車同士が同じジャンルに属する車と見てしまうことがよくあるようです。

 

例えば、トヨタのマークXとスバルのWRX STI、どちらもスポーティーなイメージを持ちますが、本当にスポーティーな車であるのはWRX STIだけで、マークXはクラウンベースのラグジュアリーセダンで全く違うジャンルの車です。
また、スズキのアルトラパンとダイハツのタント、同じ女性向けのモデルですが、アルトラパンは独身女性や子供のいない奥様用の車、タントは子育てをしているお母さん用の車ですので、これもまた全く違うジャンルの車となります。
ラグジュアリーセダンを買うのに、スポーツセダンを引き合いに出しても、若年層向けの軽自動車を買うのにママさん車を引き合いに出しても比較すること自体が難しいので、値引き額を高める効果はかなり薄くなることでしょう。