New article

道路を走っている時に、中にはうっとうしい存在に出くわすことがあります。
大きな巨体で道路を封鎖する路線バス、仕方がないことかもしれませんがノロノロ運転をする教習車、我が物顔で隙間をぬって走る二輪車など、できれば会いたくないものがたくさんありますが、そういった中で絶対にあいたくない、特に後ろについてもらいたくないのがパトカーでしょう。

 

パトカーの種類

パトカー、いわゆる警察車両にはいろいろなものがありますが、よく見かけるのは白黒パンダの俗にいう「パトカー」というものです。
車種としては、トヨタのクラウンやマークX、スバルのレガシィなどの4ドアセダンモデルが多く、地域パトロールのために軽自動車やコンパクトカーなどを使うこともあります。

このパトカーには見た目は同じでも、実は一番厄介なスピード取り締まりをすることができるものとできないものがあります。
交通違反の取り締まりを行うことはどのパトカーでもできますが、スピード取り締まりを行うことができるのは、スピード計測装置を付けた交通機動隊と高速隊のパトカーだけなのです。

これは外観の一部からすぐにわかります。
いわゆる所轄系のパトカーというのは管轄の警察署に属する車両で、その警察署の名前をもじった車両番号が付けられています。
例えば、東京の上野警察署所属のものですと「上野3」とか北海道の室蘭警察署所属のものでは「室2」といった警察署名をもじった漢字と連番で構成された識別番号がリヤウィンドウの左下に小さく、ルーフ上に大きく書かれているのですぐにわかります。

一方、交通機動隊や高速隊は、漢字はほとんどなく3桁の数字だけである場合が多いので、数字だけのパトカーを見たら、ブレーキを踏まずにスピードを落とした方がいいでしょう。
ただし、後ろにつかれた場合は判断が難しいので、わざと追い抜かせるなどをして番号を確認しなければなりませんので、ちょっと厄介です。
しかし、交通機動隊のパトカーよりももっと厄介なのが覆面パトカーです。

 

覆面パトカーとは

パトカーがいるとスピードを緩める、一時停止もきちんと止まるといった行動をとることから、それならいっそのことパトカーと気づかれないでいれば、もっと検挙数が上がるということで作られたのが覆面パトカーです。

覆面パトカーにも2種類のものがあり、刑事ドラマなどによく出てくる刑事の捜査用の車両はいたって普通の車で赤色灯もマグネット式で手で取り付けます。
一方、交通取り締まりをする覆面パトカーは専用車両を使い、交通機動隊所属のものと高速隊所属のものがあります。

 

車種

車種に関しては基本的に通常の白黒パトカーと同じような車種を使うことが多いのですが、高速隊所属のものですと稀にインプレッサやスカイラインGT-Rなどのスポーツモデルを使うことがあります。
今まで確認されたものとしては、クラウン、マークX、インプレッサWRX STI、レガシィ、フーガ、スカイラインセダン、スカイラインGT-Rなどが多いようです。

 

外観

目をくらますわけですから外観はいたって普通の状態です。
全体的にはドノーマル状態を保っています。

少し前の話ですと、ダブルミラーになっているとか、ナンバーが88ナンバーであるということが言われていましたが、現在ではそれらは全く採用されておらず、普通のドアミラーに3ナンバーであることが多くなっているようです。
一部ではルームミラーが二段式になっていることもあるようですので、そこで判断できる場合もあります。
しかし、昔からずっと変わっていないというか変えられない部分というものがあります。

これはちょっと見にくい部分なのですが、取り締まりを行う覆面パトカーには必ず電動式のポップアップ型赤色灯が付けられています。
ルーフの真ん中にポコッと出る、一番いやなものです。
実はこの赤色灯は、出てないときは室内に格納される形になっているのですが、キャビン内にむき出しになるわけではなく、それを隠すようにカバーがルーフ内につけられているのです。
そのカバーをリヤウィドウ越しに見ると何とも不自然にルーフの内側に大きな出っ張りがあるではありませんか。

前から見ても同じです。
ルームミラーに移る後ろの車のルーフ内側に出っ張りがある場合は覆面パトカー、それも取り締まり用のパトカーです。
中にはこれを隠すためにリヤウィンドウに暗めのフィルムを張っている覆面パトカーもいるようです。

 

トラックやミニバンなどセダンモデルを上から見ることができる車の場合は、赤色灯の出る場所にガソリンの給油口のような蓋がついているのでそれでも確認できると思います。
また、パトカーはフロントに2つの赤いランプを持っていなければなりませんので、覆面パトカーにもそれが付けられているのですが、外側にフォグランプのごとく取り付けたのではバレバレですので、覆面パトカーではグリル内につけられることになっています。
これも見にくいのですが、前から来た時やルームミラーで見た時にフロントグリル内に2つの丸いものがある場合は要注意です。

ルームミラーで確認できるもう一つは、乗っている人数です。
日本の警察ではオートバイを用いた車両以外は、すべて二人以上で行動する決まりになっているため、覆面パトカーにおいても必ず助手席に警察官が乗っています。
怪しい車がついてきたと思ったらルームミラーから何人のシルエットが見えるかを確認して、一人しか乗っていない場合は覆面パトカーでない可能性が高くなります。
ただ稀に助手席に座っている警察官がずっこけて座り、シルエットだけではわからないようにしていることもあるので要注意です。

 

運転の仕方

覆面パトカーは運転の仕方も独特です。
これは一般道でも高速道路でも同じなのですが、獲物を狙っている時は必ず左車線を走ります。
3車線の高速道路であれば一番左側です。

そこで遅い流れに沿って走りながら獲物を見つけるわけですが、獲物を見つけると急に車線変更して加速状態に入ります。
この行動はこれから追従行動に入る前の段階で、獲物に近づきながらスピードをあわせて走ります。
ですので、今までのろのろ走っていたドノーマルのセダンがいきなり車線変更をして加速していったという状況を見かけたら、それが取り締まり用の覆面パトカーです。

それからこれは高速道路でよくあるのですが、4ドアセダンでいきなり後ろに近づいてきて、煽ることなく同じスピードで付いてくるときは覆面パトカーで、その時にはすでにアウトの状態になっていると思っていいでしょう。

 

とりあえずマークするのはセダンモデル

覆面パトカーは非常にわかりにくいような車を使い運転からの判断も難しいため見分けるのも一苦労ですが、走行中に後ろや斜め後ろにドノーマルの4ドアセダンでクラウンやスカイラインセダンなどが走っている時は、とりあえず警戒をしてエンジンブレーキだけで減速し、その後の行動を確認した方がいいでしょう。
ちなみにブレーキをかけて減速しない方がいいのは、ブレーキを掛けてブレーキランプがついたことによってスピード違反を自ら認知し、それをごまかそうとしたという証拠となるからです。
「気が付きませんでした」は通用しなくなります。

 

ちなみに、優しい警察官の方の場合は、最高速度ではなく警察だと気が付いた瞬間(減速し出した瞬間)から計測開始することもあるため、ブレーキがその合図となっている可能性もあるのです。
ですから、覆面パトカーだと気が付いても、まずは落ち着いてエンジンブレーキで減速し、ある程度の速度になったら一気にブレーキを踏み込みスピードを落とす方法がベストでしょう。
多分、それでも捕まりますが、取り締まり速度は少し下がるはずです。
ただし、この方法は一気にブレーキを踏み込む為、急な操作になるので事故に繋がらないように注意する必要はあります。
日頃からスピードは控えめに^^