New article

交通事故にはいろいろなケースがあります。
必ずしも1対1であるわけではなく、加害者1人に対して複数人の被害者がいたり、又その逆で複数の加害者に対して被害者が一人であるといった場合もあるのです。

 

加害者が複数人いるパターン

加害者が複数人で被害者が一人というパターンは、何もいっぺんに複数台の車が一人の人間を跳ねてしまった、ひいてしまったというものだけではなく、例えば道路横断中の歩行者を跳ね、その跳ねた車はあろうことか跳ねられて大けがをして路上にうずくまっている被害者を確認しているのにも関わらず、罪の意識がなくそのまま放置していってしまい、それに気が付かない後続車が次々とその方を引いて行ってしまうといったものもあり、はっきり言って誰しもあう可能性があることです。
この例ですと被害者は道路を横断していた方一人となることは明確ですが、加害者となるとその特定もなかなか難しいものがあります。

 

加害者は全員

こういった複数台の車によって人間1人に危害を加えてしまったというものは民法上では共同不法行為という罪に当たります。
共同不法行為とは複数の人間によって、相手にけがを負わせてしまったり、死亡させてしまったりと相手の権利を奪ってしまう行為です。

そして、道路交通法ならびに刑法上では、最低でも過失運転致死罪、過失運転致傷罪に問われることになります。
要するにこういった事故に関わった車、人間はその原因となっていないとしてもすべての人間は何かしらの罪を問われるということなのです。

考えてみれば恐ろしいことです。
前を走っている車が飲酒運転や薬物運転をしていて、その車が人をはねてしまい、それを避けきれなかった自分も少しでも被害者に車が触れただけで加害者となってしまうのです。
それは何も同一方向に進んでいる時だけではありません。
例えば、対向車線で人をはねてしまい、その反動でこちら側の車線に被害者が飛んできて、それを引いてしまったという場合でも加害者の一人となってしまうわけですから、それこそいつ何時、加害者になってもおかしくありません。

 

罪は誰がかぶる

少しでも被害者に車が触れてしまうと加害者となってしまうわけですが、そんな中でもこの交通事故の責任や罪がその被害者で公平に分担されるということではありません。

例えば、暗い夜道で路肩をよろよろと走っている自転車を先頭車両がドアミラーをぶつけてしまい自転車は転倒、その自転車に乗っている方は怪我をしてしまいました。
そのすぐ後ろについて走っていたトラックがそれに気が付いたのにもかかわらず、避けきれない、止まりきれないということで倒れている自転車の運転手をタイヤで引いてしまい、致命傷を与えたうえで死なせてしまいました。
更にその後ろを走っていた軽自動車が既に亡くなっている自転車の運転手を引いてしまったという交通事故。

 

この場合、原因を作ったのは先頭を走っていた車です。
しかし、責任としては一番重くなるのが二番目に走っていたトラックとなります。
先頭を走っていた車は原因を作ってしまった張本人となりますが、その時点では自転車に乗っていた被害者は生きており、怪我だけで済んでいる状態でしたので罪として過失運転致傷罪ということになります。
これは3番目に走っていた軽自動車も同じで、すでに亡くなっている状態(もしかしたら助かったかもしれない)の人間を引いてしまったので、ここでは過失運転致傷罪か、それにも該当しない場合もあります。
しかし、二番目に走っていたトラックは、まだ生きている被害者を引いてしまい致命傷を与えたということで過失運転致死罪になるのです。

こういった事故の場合、責任や罪というのは最終的に人を死なせてしまった車に一番多くのしかかるということになっているようです。

 

賠償責任は?

こういった事故の場合、刑事上、民事上の罪に問われるのと同時に賠償責任が生まれてきます。
この例でいうと、3台の車で一人の方を死なせてしまった形になっているので、基本的には3人の加害者となり、その3人で賠償責任を果たさなければならないということになります。
昔の軍隊や小学校や中学校などで盛んに言われていた連帯責任というやつです。

ただし、賠償責任を公平に分担、この例では1/3にするということではなく、事故内容や原因、死亡原因、車や人の損傷状態にあわせた過失割合によって決まることになります。
一般的にはこれらの処理は、加入している損害保険会社がすべて行い、損害保険会社同士の話し合いや事故の内容によって、誰がどれくらいの賠償を行うかを決めます。

 

こういった中で賠償額が大きくなりがちなのは、やはり最初の原因を作った車や被害者を死亡させたり、大きな怪我を負わせてしまった車となるようです。
もし、こういった事故を起こしてしまい、あるいはとばっちりを受けた場合は、ほとんどの場合では損害保険会社がいろいろとやってくれることになり、本人は責任を感じること以外はしないで済むことが多くなりますが、仮に自動車保険に加入していなかった場合は、多額の賠償金もそうですが手続きややり取りなどもすべて自分で行うことになるため、相当な心労を伴うことになってしまいます。
決して安くない自動車保険の保険料ですが、こういったことになる可能性が全くないわけでもなく、むしろ公道を走っている以上、いつ遭遇してもおかしくありませんので、必ず加入しておいた方がいいかと思います。