New article

慣れてしまえばそういったことも思わなくなりますが、自動車の運転をするのは結構難しいものです。

たぶんほとんどの方が教習所に行って教習をたくさん受けてきていると思いますが、教習所の教習車は全く運転したことがない方でもできるだけ運転しやすいようにと比較的コンパクトな車が使われますが、それでも初めて車を運転する目でその車を見ると大きく感じたのではないでしょうか。

これだけ大きな車を自由自在に扱わなければならない運転、最初はやはり戸惑うでしょう。
特に車一台分しかスペースがない車庫入れ、これは初心者や運転が苦手な方にとっては最大の難関となるでしょう。

ほとんどの場合は、バックで後ろから突っ込む形になりますので、それがまた難易度をあげさせることになるのですが、ちょっとしたコツや方法を知るだけでこれが見事に軽々とできるようになるから不思議です。

どんな状況においても運転というのは経験が大事「考えるより慣れろ」というのが基本ですが、やはり頭を使わないといけません。
体を使って運転するので軽視する方が多いのですが、頭を使う人ほど運転がうまくなります。

経験と頭、この2つのことを強く意識して、誰でも簡単に車庫入れができる方法を見ていきましょう。

 

車庫入れを簡単にする

ここは道路に面するコインパーキングにバックで入れることを想定した形でお話を進めていきます。

まず車を止めるパーキングを見つけたら、そこにバックで入れるため、一度少しだけ通り過ぎることになるのですが、場所探しだけで終わらしてはいけません、ここから車庫入れは始まっているからです。

駐車スペースを通り過ぎる、あるいは駐車スペースの前に止まった時に、まず駐車スペースの状態を把握します。
駐車スペースの幅はどうか、両隣にどんな車が止まっているか、タイヤ止めはついているか、フラップの機械はどちら側についているかなど確認します。

 

平場のコインパーキングであれば、だいたい2メートルぐらいの幅を設けていますので、とりあえず白線の中に収めれば、ほぼ間違いなく左右がぶつかることはないでしょう。
ここで頭の中に「白線内に収めればいい」と叩き込んでおきましょう。

ただ、たまに軽自動車専用スペースといった形で幅の狭いところがあったり、両脇の止めている車が車庫入れが下手で、こちら側のスペースギリギリまで寄せてあることありますので、そういった場合はその位置関係も覚えておきます。
それからすでに左右に車が止まっている場合は、止めた時に左側にくる車の色やボディの形状などを確認しておきます。

 

さあここから実際に車庫入れを行います。
まずは車を少し前に出します、この時、状況が許されるのであれば、少し頭を右に振ってもいいでしょう。
この段階で目指すことは先程確認した左側に止まっている車の右前方のバンパーの角に自分の車の左後ろのタイヤがギリギリ通ることです。
その時に確認したボディの色とボディの形状が役に立つわけです。

バックするときに見る場所は真後ろと左ドアミラーだけ、これ以外は今は見る必要がありません。
真後ろに人などがいないかなどを見た後にバックしながら左バックミラーで左後ろのタイヤと止まっている車のバンパーの角を捉えて、できるだけ近づくようにします。

この状態では左後ろのタイヤより絶対に左側に出っ張ることがありませんので、一番出っ張る形になる左後ろのタイヤを見ておけば、絶対に左側をどこかにぶつけるということはありません。

この時、進入角度が急ですと右後ろのバンパーが右側に止まっている車や壁などにぶつかる可能性がありますので、時々右ドアミラーを確認します。

 

この作業で車が半分くらい入ったら、今度は左右の障害物にぶつからないように白線を目安にして、微調整しながらバックしていきます。
ここで注意したいのは、普通の駐車スペースであればいいのですが、踏板式のコインパーキングではその機械が白線内に飛び出していることがありますので、そこにタイヤをぶつけないようにしなければなりません。

見るところは真後ろをもう一度確認して、あとは左右のドアミラーだけで十分です。
ミラー内に自車のボディと左右の障害物、白線をとらえてゆるゆると下がります。

後はどこまでバックするかですが、タイヤ止めがついている場合はリヤタイヤがそれに設置したらそこでOKです。
無い場合は、こればかりは感覚が優先されるのですが、場合によっては隣に止まっている車が同程度のサイズであればミラーの位置をあわせるという手も使えます。

はい、これでたった30秒以下の時間で車庫入れ完了です。

 

下手な人ほどきょろきょろする

バックでの車庫入れに限らず、細かい作業が必要な運転をする時に下手な人ほど、やたらと首が左右に動きます。
前見て、右ドアミラー見て、左ドアミラー見て、ルームミラー見て、左右の窓から後ろを見ようとしたり、リヤサイドウィンドウから見ようとしたり、とにかく忙しく動きます。
この行動は人や障害物などにぶつけてはいけないという安全確認の意味ではいいのかもしれませんが、ほとんどの場合、真後ろだけ注意しておけばまず問題ないかと思います。

 

運転だけに限って言えば、これはかなり無駄なことで、その状況によって見るべき方向と見ても無駄な方向というものがあるのです

例えば、先ほどの例でいえば、バックで侵入するときに左タイヤの位置、要するにボディの左側の位置さえ確認しておけばいいものを、どういうわけか右ドアミラーや前を見る方が結構います。
だいたいこういった方は車庫入れに5分ぐらいかかってしまうようですが、はっきり言って余計なところを見すぎです。

人間の頭はたくさんの情報を得て、それを行動に反映させることができますが、少ない方が判断しやすく、そうでなくても焦っていて頭はパニック状態ですので、より一層少ない方がいいのです。

結論を言えば、車庫入れをうまく行うには

  • 「頭を使え!」
  • 「余計なところを見るな!」

です。

ただし、人通りの多い場所や暗がりでは、周りの状況が刻一刻と変わりますので、そういった場合は後ろだけでなく前と横も注意しておかなければなりません。
ここでお話しした車庫入れのコツはあくまでも私個人の見解ですので、参考程度にお願い致します^^