New article

いわゆる任意保険と呼ばれる自動車保険には、加入した人間がどれだけ損害保険会社側に負担をかけるのかということを評価する数字があります。
それがノンフリート等級というものです。

この等級は、事故を起こしたりした時に保険を使うと等級が下がることになるのですが、使う保険の内容によって下がるランクも違って来るのです。
中には、ランクが下がらない保険使用もあります。

今回は、知っておくと事故を起こして保険を使う時に役立つ、このノンフリート等級に付いて、詳しくお話しをして行きましょう。

 

事故によって上下するノンフリート等級

ノンフリート等級は1等級から20等級まであり、最初は誰でも6等級から始まります。
そして、契約満了となる一年間で一度も事故を起こしていない、もっと詳しく言えば自動車保険を使って賠償金や保険金の請求を一度も行っていない状態であれば、等級が1ランク上がり、毎年7等級、8等級・・・といったように等級が上がっていく仕組みとなっています。

等級が上がるということは、その等級に設定した保険料の値引き・割り引き率が適用されることになり、事実上、等級が上がるということは保険料が安くなるということになります。
もしもの時の自動車保険ですので、普段はお金を払っていること自体に抵抗があるもの、そういった中で保険料が安くなることは加入者側としては非常にありがたい話でもあります。

しかし、事故を起こして自動車保険によって賠償金や保険金の支払いを行ったとなると話は全く別となります。
事故を起こして金銭の請求を損害保険会社に対して行うということは、自動車保険という損害保険商品としてはごく当たり前のサービスであり、それを損害保険会社はそれをむげに断ることはできません。

しかし、事故によっては何千万円、何億円にもなるお金が出ていくわけですから、それに対するお金を確保しなければなりません。
かといって保険料を高くすれば誰も加入してくれなくなりますので、それなら事故を起こしやすい人間、要するに保険金などの請求を行う可能性が高い人から保険料をがっぽり頂いて、それで財源を確保しておこうということになるのです。

そこで出てくるのが「事故を起こしやすい」という概念で、損害保険会社はそれをノンフリート等級で判断しています。
結果的に自動車保険を使って、一度でも保険金などの請求が行われた場合は、保険料の増額を意味するノンフリート等級のダウンをし、ダウンしたことによって保険料を今よりもたくさん払ってもらおうとするのです。

もっと詳しく等級の制度を知りたい方は、自動車保険の等級制度でも細かくお話しをしていますので、参考にしてみて下さい。

 

事故によって違うランクダウン

事故を起こして保険金などの請求を行った場合は、基本的にノンフリート等級がダウンしますが、どんな事故でも同じではありません。

例えば、対人保険や対物保険、車両保険などを使う形となる多額の保険金請求などが行われることが多い、相手のいる交通事故の場合は3ランクダウンすることになります。
ちなみにこれには自損事故も含まれます。

それから駐車場に車を止めていた時に車を盗まれたり、いたずらで10円パンチをくらったり、道路を走っている車が石を跳ねさせてしまって、それによってボディが傷ついた、ガラスが割れたなどという、相手はいても誰だかわからないといった場合で車両保険で車を直したり、損害を補償してもらったりした場合は1ランクダウンとなります。
一般的にいわゆる「交通事故」と呼ばれるようなものはすべて3ランクダウン、運転者に過失はなく車両保険だけを使うような場合は1ランクダウンと覚えておくといいでしょう。

 

ランクダウンされない場合も

事故を起こしたり被ったりした時に自動車保険を使って金銭を受け取った場合でも、実はノンフリート等級に一切影響しない場合も存在します。
ノーカウント事故などといわれることもありますが、これは自動車保険のメインとなる対人保険や対物保険、車両保険など多額な保険金請求がされるものを使っていない事故となった場合です。

例えば、大きな事故ではなく、車の損傷も自動車保険を使うほどではありませんが、ドライバーや後ろに乗っていた家族が怪我をして、その治療費として人身傷害や搭乗者傷害などで保険金を請求した場合や示談に持ち込むことが難しい状態で弁護士特約などで弁護士費用の請求をした場合、ファミリーバイク特約を使って原付バイクの運転時の保険金の請求を行った時などがこれにあたります。

金銭的な面から言えば、損害保険会社に多額の保険金請求をしない場合、そして相手がいない事故である場合ということになります。
例外として、ファミリーバイク特約における人身事故や物損事故がありますが、これはノンフリート等級自体が自動車の運転に対する評価であるため、原付バイクとは違う評価をする必要があるためです。
ランクダウンしないということは、無事故扱いとなるわけで当然ながら翌年度の更新時には見事に1ランク上がることになるわけです。

恐らく多くの方が保険を使うと3ランクダウンするという認識でいると思いますが、実は1ランクだけのダウン、ダウンしないという場合もあるということを頭の片隅に入れておくだけで、保険を使うか迷った時に役立つかも知れませんね。