New article

交通事故というものはいろいろな状況、いろいろな原因で起こるものですが、場合によってはその交通事故に直接関与していない、要するに直接的に害を加えた害を受けたということがない車が、その事故の原因に関わることもあります。

 

交通事故には原因がある

交通事故は必ず加害者と被害者、そして原因というものが存在します。
例えば、追突事故の場合は、追突された前を走っていた車が被害者、その車に追突した車が加害者となり、法律的にも自動車保険の過失割合としても加害者となった車の方に多くの責任や賠償を求めることになります。
それもそのはず、加害者側がもっと交通安全に徹した運転をしていれば、こういった事故は起こらなかったわけですから当たり前です。

ほとんどの場合は、その加害者、この例でいうと後ろから前の車に追突した車を運転しているドライバーに多くの責任があり、それが原因となり、その被害者がこの交通事故のほとんどの責任を負うことになるのですが、時に交通事故の本来の原因が加害者側、被害者側のどちらでもなく全くの第三者である交通事故もあります。

 

第三者が原因

加害者側にその交通事故の原因があることになりますが、場合によってはこの交通事故とは全く関係のない人間、車両が原因となることがあります。

例えば、先ほどの追突事故、いわゆるオカマ事故の例でいうと後ろにいた加害者側の車を運転する人が注意不足でブレーキングが遅れてしまったり、車間距離を詰めて走っていたことから追突事故が起こったとしても、前の車がパニックブレーキを踏んだ時に追突したという場合では、そのパニックブレーキをどうして踏んだのかということが大事となります。
仮に信号を見落としてしまい赤信号に気が付いた時に焦ってブレーキを踏んで、結果的にそれが急ブレーキになってしまったといった場合は、これは追突された被害者側にも原因の一端があり、その分だけ過失割合が被害者側に偏るわけですが、これが被害者側の落ち度ではなく追突された車のさらにその前に走っていた車が何かしらの原因、例えばタクシーなどでよくあるお客さんを見つけたから急ブレーキを踏むとか、駐車スペースが空いているのを見つけたからそこに車を収めるためにブレーキング、スピードが乗っていた状態からのブレーキングだったため、結果的に急ブレーキとなってしまったといったことで急ブレーキとなり、その車に追突しないように被害者側の車も仕方なく反射的に急ブレーキをかけてしまい、そして加害者側の車が追突してしまったという場合は、根本となる原因は被害者側の車の前を走っていた車となります。

この場合、一番後ろから追突した車が形としては加害者となりますが、原因のほとんどは一番前を走っていた車にあるわけで、この交通事故としては、その人間が責任の一部を負う必要が出てきます。

 

原因を作ってしまった場合

交通事故には直接かかわっていないが原因の一部となってしまった場合は、その方も責任を問われることになります。
これは自動車損害賠償保障法という自賠責保険の保険金の支払いに関わる法律と刑法などによって定められています。

 

自動車損害賠償保障法による解釈

自動車損害賠償保障法では、車を運行する人間は、第三者に物的損害、人的損害を与えた場合は賠償責任が生まれることになっています。
これは当然のことですが、実はその賠償責任を回避できる場合があって、自分に一切落ち度がない場合、第三者に故意や過失の原因があった場合、車自体に構造上の欠陥があった場合といったことをきちんと証明できれば賠償責任を負う必要が無くなります。

しかし、現実的にはこれらすべてを完璧に証明することは難しく、たとえ事故原因が第三者であっても加害者側に一切の落ち度がないということはほとんどなく、例えばスピードの出し過ぎや前方不注意といった過失が認められるため、全責任を放棄することができるということではなく、過失割合が若干軽くなるといった程度となり、その分が原因となる第三者が被る形になります。
ちなみにその第三者となるものが停車中の車や車以外のものであったとしても責任の追及は行われることになります。

 

刑法による解釈

交通事故の原因となる人間や車両が複数あり、その複数の中に交通事故に全く関わっていない車や人がいたとしても、刑法では共同不法行為といった罪に問われることがあります。
これは複数の人間によって相手に不利益を与えた時に問われるものなのですが、交通事故においてもそれが適用されるということです。

例えば、違法駐車車両があったために脇を走っていた自転車を駐車車両と自車で挟んでしまった、それを避けるために反対車線に飛び出してしまい、正面衝突をしてしまったという場合はその駐車車両のドライバーや持ち主などがこの罪に問われることになり、交通事故の賠償責任の一端を担うことになります。
要するに違法駐車をしていたという罪の他に、加害者側と共に交通事故という損害を発生させる行為に至らせたというような見方をされるということです。
この場合もこういった方がいるからといって、実際の加害者の責任がすべてなくなるわけではなく、原因を作った第三者にかかる責任の分だけ軽くなるといった具合となります。