New article

どのようなパターンの交通事故でも当事者がその事故で死亡していない限り、被害者側、加害者側両方の立ち合いの後、事故処理などが行われることになるものですが、加害者が悪質な場合は、加害者側の立ち合いが困難になることがあります。
いわゆる、ひき逃げ、当て逃げと呼ばれるものです。

加害者が人をはねてしまったことや車に損害を与えてしまったことに恐れをなしたり、その後の賠償を避けようとしたり、自分に何かしらの大きな落ち度があったりといった時に事故を起こした時の義務である「その場での対処」をしないで逃げてしまうことをひき逃げ、当て逃げといい、人を死なせてしまったり、怪我を負わせてしまったりという人的被害を与えた場合はひき逃げ、車にぶつけてしまって壊してしまったという物的被害を与えた場合は当て逃げとなります。
この2つの中で、比較的よくあり、身近な存在であるのが当て逃げです。

 

当て逃げの責任

当て逃げは相手に与えた損害の大小に関わらず、立派な犯罪となります。
そもそも当て逃げに相当する物的被害を与えた場合は、物損事故となり、物損事故を起こした場合は必ずその場にとどまって、対処をするのと同時に警察へ事故を起こしたことを報告しなければなりません。
当て逃げの場合は損害に関わらず、それを無視したことだけでも罪に問われます。

道路交通法違反としてまずは行政処分、安全運転義務違反で2点、危険防止措置義務違反で5点、あわせて7点の違反点数が付加され、即刻、免許停止処分となります。
更に、刑事罰として1年以下の懲役か10万円以下の罰金ということになり、前科が付くことになります。

 

当て逃げにあったら・・・・

当て逃げといってもいろいろなパターンがあります。
例えば、商業施設やコインパーキングなどに車を止めた時に用事を済ませて帰ってきたら、車に傷があった、へこみがついていた、信号待ちをしていた時に車と車の間をすり抜けるように走るオートバイにドアミラーやサイドをぶつけられてそのまま逃げていった、後ろから追突されたのにそのままUターンして逃げていったなど、いろいろな環境下で起こります。

 

当て逃げを成立させる

こういった「ぶつけられたぁ!」と思った時にまず何をしなければならないかというと、例えばぶつけた車両を見ることができた場合、現認することができた場合はとりあえずクラクションなどを鳴らして、ぶつかったことを知らせるのと同時に逃げるのを阻止します。
実はこういった逃げるのを阻止する行為を行わないと、場合によっては「気が付かなかった」などといった証言で当て逃げが成立しないことがありますので、相手に当て逃げをしたことを再確認させるため、クラクションを鳴らしたり、窓を開けて「逃げるなぁ!」「ちょっと待て!」といったような言葉を発するとよいでしょう。
これを行ったことによって当て逃げが立派に成立します。

 

加害車両が現認できる場合

加害車両を現認することができた場合は、その車両のナンバープレートを確認し忘れないようにどこかにメモしておきましょう。
それから車種名やボディカラー、車の形状、ステッカーや窓から見えるキャビン内の様子などといった、その車ならではの特徴やドライバーの性別や容姿、髪型など見える範囲で覚えておきます。
二輪車の場合はむき出しですのでわかりやすいかと思いますが、ヘルメットの色やフルフェイスなのかジェットなのか半キャップなのかといった形状も覚えておくといいでしょう。

これらのことは、後々行われることになる捜査にとても需要なこととなりますので、きちんと記録を取っておきましょう。
それから警察へ連絡を入れてしかるべき措置を取ってもらいます。

 

加害車両が現認できない場合

駐車場などに止めておいて、帰ってきたらやられていたといった加害者を現認できなかった場合ですが、こちらは加害者を突き止めるのがかなり難しくなるでしょう。

ただ、商業施設やコインパーキングでは防犯カメラを設置していることが多いため、それによってある程度は加害者を見つけることができます。
しかし、被害者だからといって防犯カメラの映像を見ることはできません。
防犯カメラの映像を見ることができるのは、警察だけですので、捜査に入ってからのこととなります。
ですから、現認できない場合はとにもかくにも警察への連絡を最優先した方がいいでしょう。

それからその時に周りにいた方に声をかけてみるのもいいかもしれません。
場合によってはぶつけられた時にその光景を見ているかもしれませんので、個人レベルで出来る範囲で聞いておくといいでしょう。

 

自分の安全を図る

車をぶつけられて頭にくるのはわかりますが、その車を追いかけたり、捕まえて引きずり降ろすといった行為は危険を伴いますので絶対にしない方がいいでしょう。
状況によっては、それが暴行罪になってしまうこともありますので、目の前に加害者がいたとしても絶対に触れない、無理な追跡などは行わないといった冷静な行動が必要になります。
それから悪質な人間となると車の移動を阻止してもお構いなしに走り出す場合もありますので、前に立ちはだかるなどの行為も危険ですのでやめましょう。