New article

車を処分する方法として、だいぶ普及してきた買取店、車の対価として現金を手に入れることができますし、平均してディーラーでの新車購入時の下取りより対価の金額が高くなることから、ここ最近は下取りでなく買取店で車を売却してからそのお金を持って新車を購入するという流れができつつあるようです。
しかし、そんな買取店でも買取りを拒否または価値なしと判断する車も存在します。

 

買取店は売れる車しか買い取らない

車を処分して新しい車を買う時は、買取店で売却するのが一番いい方法といわれていますが、しかしそこには大きな問題があります。
買取店は車を選ぶということです。

買取店は慈善事業ではありませんので、買い取った車で何かしらの利益を生み出さなければなりません。
現実的にその利益の生み出し方として、買い取った車に利益をのせた形で転売することによって行います。
一般的には業者間で行われる中古車オークションに出品して、そこで落札してもらうということになりますが一部では直接販売も行っています。

どちらにしても買い取った車を転売する、要するに買い取った車を商品として売ることによって利益を得るわけですから、商品にならないような車はいらないのです。

商品とならない車といえるのは、全く人気のない車だけではなく、事故車やもうすでに車としての機能を果たさないような車も含まれます。
要するに事故を起こした、長い間放置していたといったような、あとは廃車にするしか手段はないといったような車は絶対に買ってくれません。

事故車は事故車専門店が最も適正な価格を提示してくるでお話ししたように買取店でも事故車買取店であれば、それなりの金額で買い取ってくれますが、それでも車としてではなく、金属の塊、部品の塊としての値段しか付けませんのでたいした金額にはなりません。

 

下取りは付加価値が大きい

買取店がダメであれば、買取店よりも安い金額でしか引き取らない下取りではもっと難しいだろう・・・
ならば素直に廃車手続きをとるしかないか・・・、と思った方は、だまされたと思って1度、下取りの査定を受けて見ましょう。
予想に反して意外と良い金額になるかもしれません。

買取店で買取を拒否されるような車が下取りすることできる訳がないと思いがちですが、実はこういった車の場合でも下取されることがあるのです。

 

下取りの価値観

下取りは買取店のように転売して利益を生み出すことが目的のメインではありません。
下取りの目的は、新車購入を進めることです。

新車を売るために不要となった車を引き取るということから始まった下取り、客寄せのためにその引き取り行為に対価を払うことにし、それを新車購入の割引額の一つとして適用することから、下取りをすれば安く車が買えるという一つの切り札として設けたのが現在の下取り制度の始まりです。
ですので、ディーラーとしてそれほど大きな損害が出ないのであれば、新車を売るためにその下取り車以上の価値を付けた下取り金額を付けることがあるのです。

 

下取りの価値のつけ方

下取り査定において、その車の下取り額を決める要素には2つのものがあります。
1つは車自体の価値、当たり前といってしまえばそれまでですが、その車の新車価格、グレードの良し悪し、年式、走行距離、ボディカラー、オプション品の有無などによって決められます。
この部分が買取店での査定との大きな違いで、買取店ではこのファクターに中古車市場での需要傾向が加わることによって、下取り金額とは違う傾向を持つようになるのです。

 

そして2つ目ですが、これは新車購入に関すること、例えばこれから購入しようとしている新車がほとんど出ることのないような不人気車だったり、もうすぐモデルチェンジを行うことが決まっているモデルだったりといった、普通に売っていたのではなかなか売ることができないような車を新車として買う場合は、ディーラーとしては何としてでもこの客を逃したくないということで、多少損をしてでも下取り金額を高くつけ、それがたとえ買取店で全く価値がつかなかった車でも数万円という価値を付けて下取りしようとするのです。
それとこれから新車を購入しようとしている人間によっても廃車寸前の車にそれなりの価値を付けて下取りをしようとします。

 

例えば、長年付き合いあるお得意様だったり、自営業を営んでおり、複数の商用車を買ったことがある方だったり、お得意様の紹介だったりといった営業面でメリットのある場合は、査定など形式だけで、ほとんど車を見ることもなく一声で10万円といった下取り金額になることもあります。
ここまでいかなくても、売り上げが芳しくないディーラーでも新車を買ってくれるということで下取り金額を高めにしてくれることもあり、こういったところや付き合いがあるディーラーであれば、廃車同然の車であってもそれなりの金額を付けて下取りをしてくれることになります。
ただし、こういった形であっても、まさに事故車で自走することができないようなものは無理ですので、そういった時は事故車買取店や廃車手続きをするしかありません。