New article

自動車を運転するうえで不可欠な自動車保険、強制保険などと悪名がついている自賠責保険に加入することが義務になっていますが、どう見ても補償能力が低い・・・、そこでほとんどの方が損害保険会社が販売するいわゆる任意保険、自動車保険に加入していると思います。
しかし、自分が加入している自動車保険の内容をきちんと理解しているでしょうか。
とりあえず加入しているからいいだろう、家族補償で乗っているなどといった形で運転しており、詳しい補償内容を知らない方も多いのではないかと思います。

 

補償能力よりも保険料やサービスが大事?

自動車保険は今やインターネットでも気軽に申し込めるようになり、わざわざ代理店の人間を家に招かなくても自動車保険に加入することができるようになりましたが、そういった時にどこの損害保険の自動車保険に加入しようかということを決めるファクターはどうしてもテレビのCMやインターネット上の損害保険のWebサイトや口コミサイトなどに頼らなくてはならず、だいたいそういったところでは、保険料の安さやサービス面の良さを宣伝したり、それに対する評価をくだしたりすることになり、それを見て自動車保険を選ぶことになってしまいます。
そうなると選ぶ側からすれば「できるだけ保険料が安い方がいい」「ロードサービスの範囲や内容などが充実している方がいい」といったような自動車保険本来の目的である、もしもの時の補償能力を軽視した選び方がされるようになってしまうことになります。

 

もう一度自動車保険を考える

保険料の安さばかり、ロードサービスや対応などのサービスばかりを追いかけていると、どうしても本来の役目である補償能力が軽く見られがちです。
しかし、はっきり言ってロードサービスや自動車関連の様々なサービスを重視するのであれば、何も高いお金を払って、自動車保険などに加入しなくても年間5000円以下の会費でロードサービスなどサービスを受けることができるJAFに加入した方がいいと思います。

自動車保険はそうではありません。
事故を起こした時、事故の被害を受けた時、車に関わる損害を受けたときに、どれだけスムーズに補償を受けることができるのか、保険金を手にすることができるのかということが一番大事であって、ロードサービスなどはすべて付加価値でしかないのです。

自分の運転の技量がどうあれ、極端な言い方をすれば人を死なせてしまえば、少なくとも数億円、家に突っ込んでしまえば数千万円のお金が必要になります。
そのお金を補償してくれるのが自動車保険であって、例え保険料が安くても補償能力が低かったり、対応が遅かったり、補償額を低くみられるようではいけません。

逆に保険料が高ければ、何もかもうまく事が運ぶということではありませんが、いまどき内容にそぐわないような保険料を請求するようなところも安売り競争の中では、ほぼ無いといっていいと思いますので、ある程度は高くなってもいいのではないかという傾向はあると思われます。
ただし、無駄な補償能力を持つ自動車保険に加入する必要はなく、自分にあった自動車保険の組み合わせを選べばいいのです。

 

選べる補償内容

自動車保険は何もすべてが一つになっているものではなく、それぞれの特徴を持つ損害保険の組み合わせで構成されています。
基本的にはそれらを個別にどうするかということを選ぶことができるようになり、それに合わせた保険料を請求されるということになります。
ですので、補償能力が高くなればそれなりに保険料が高くなってしまうわけですが、それも余計な組み合わせや補償能力を求めないのであれば、ある程度は安くすることができます。

 

対人保険

対人保険は事故の際の相手の人間に関わる補償をするために損害保険です。
対象は死亡や怪我、後遺症といったものとなりますが、この保険の選択肢は補償金額によるところとなります。
5000万円や1億円、損害保険会社によっていろいろあるようですが、これに関しては間違いなく「無制限」を選ぶのがいいでしょう。

 

対物保険

対物保険は、対人保険が相手の人間に対する補償に対して、物に対して補償するもので、相手の車、建物、ガードレール、電柱などを壊してしまい、損害を与えた時に保険金が下りるものです。
この保険も多額の賠償をしなければならないことが多いため、やはり「無制限」を選ぶべきでしょう。

 

搭乗者傷害保険

これは自分側の車に乗っている人間に事故による損害があった時に保険金が支払われるものです。
しかし、保険金の限度額が低く、それ以上の損害が出た場合も保険金は支払われることがないので、軽度な損害までしか補償されないといったことになります。
できればこの搭乗者傷害保険ではなく、後述する人身傷害保険に加入した方がいいと思います。

 

人身傷害保険

この保険は搭乗者傷害保険と補償内容が非常に似ているのですが、保険金の限度額が高く、金額も数千万円から無制限までいろいろと設定することができます。
それから搭乗者傷害保険にはない、違う車に乗っている時でも、歩いていて事故に巻き込まれた場合でも保険金を請求することができます。

それとこれも大きなメリットなのですが、過失割合に関わらず限度額内での全額補償となっているので、保険金を受け取るときにごたごたになることが少なくなります。
しかし、この人身傷害保険に加入すると保険料が結構高くなるので、補償限度額を引き下げたり、加入している車だけに限定するといった形で加入すると多少保険料を安くすることができます。

 

車両保険

車両保険は自分の車の損害を補償する保険で、損害保険会社が決めた車の危険度によって、保険料が設定されます。
しかし、基本的に車両保険はかなり保険料が高く、加入しない方も結構いるようです。

例えば、ある大衆車では車両保険無しで年間保険料が30000円で済むところ、車両保険ありですと50000円にもなります。
更に危険度が高いとされているスポーツモデルでは同様に年間保険料が30000円であるところ、車両保険を付けると80000円にもなることもあります。

車両保険は自分の車のための保険ですので、保険を使わずに自分のお金で修理などをすることができるのであれば、必要ないかと思います。
しかし、事故となるとどれだけの損害を受けるかわかりませんので、心配な方は加入しておいた方がいいかもしれません。

ちなみにフルカバーではなく、相手がいる事故の時だけ、免責を付ける、盗難や台風の時だけといったように補償能力を限定することによって保険料を引き下げることができますので、それらをうまく利用するのもいいかと思います。

 

特約

特約は保険商品まで大げさではない、ちょっとした補償能力を持つものです。

例えば、弁護士費用特約は示談が成立しなかった時にお願いすることになる弁護士費用を補償してくれるものですし、原付バイクにも乗るといった方は新たに原付バイク用の保険に入るのではなく、ファミリーバイク特約を利用することによって費用を安くすることができます。
また、事故の時に車に載せられていた荷物の損害を補償する車内品特約などといったものもあります。

費用はどの特約も年間で数百円から数千円プラスするだけですので、うまく使って充実した補償内容にしましょう。

 

安ければいいってものでもない

何も起きなかった時には「自動車保険などもったいない、できるだけ安く・・・」といったことになるかと思いますが、実際の事故にあったとしたら本当にそれで十分でしょうか。
もしもの時の為の自動車保険ですので、もしもの時に効果を発揮してくれなければ困りますので、保険料の安さだけではなく、補償能力で自動車保険選びをしてもらいたいと思います。