New article

事故を起こしてしまった時は相手に与えてしまった人的、物的損害に対処するのが最優先となりますが、その次に考えてなければならないのが、その事故を起こしてしまった車のことです。
事故といっても軽くぶつけてしまった事故から死亡事故までいろいろなものがあり、それによって車に残る損傷もそれぞれであって、数万円の修理費用で完全に修復することができる場合もありますし、修理費用がかなりの額になる場合やもはや修復不可能である場合もあります。

あまりお金をかけなくても直すことができるのであれば、修理して乗り続けることがいろいろなことを考えるといいのかもしれませんが、多額の修理費用が掛かる場合や修復不可能な場合は、乗り続けることを考えないのが一般的です。
いわゆる事故車の処分ということになります。

 

一般的な事故車の処分方法

事故車を処分する方法として一番妥当なのが廃車です。
要するにその車を解体して鉄くずやリサイクル資材とするというもので、法的にも車が車でなくなるわけですから解体後は税金などは一切かからない形になりますので、一番すっきりとした形で処分できるのではないでしょうか。

しかし、廃車にしてしまうということはその何百万円ものお金を払って、あるいはまだ返済途中の自動車ローンを使って購入したものを「価値ゼロ」にしてしまうということで、金銭的な損害はかなりのものとなります。
そこで最近よく使われるのが事故車買取店というところです。

 

事故車買取店とは

事故車買取店は、事故を起こして再起不能となってしまった車などを買い取ってくれるところで、ほとんどの場合は解体業者などが一つのサービスとして行っています。

事故車買取店では、通常の解体業者と同じように車を解体して金属や樹脂などのリサイクル資材として転売して利益を上げるということも行っているのですが、事故車買取店ではいきなりつぶすのではなく、使えそうな部品を取り外して、それを中古部品として、またはリビルトパーツの原材料として転売することによっても利益を得ています。
更には状態の良い事故車であれば、事故車でも気にしないで購入する海外向けへ輸出することや、部品取り車として輸出することもあって、事故車からいろいろな利益を得ているようです。

事故を起こして廃車にした場合は一銭の得にもなりませんが、事故車買取店で売却すれば買取店ほどの高値はつきませんがそれなりの買取金額が付きますので、多少は金銭的なメリットにつながることでしょう。

 

新車を買うなら下取りも

事故車を廃車にするだけであれば、廃車手続きではなく事故車買取店で売却した方がいいでしょう。
しかし、事故車の処分と共に新車を購入する場合は、そういった方法だけでなく新車購入時の下取りも頭に入れておくとよいかもしれません。

下取りは、事故車以外の車においても処分方法として買取店での買取とよく比較されるものですが、買取店で売却することができるものであれば、一般的に買取店の方が高い対価を得ることができるので下取りは敬遠されがちです。
一方、事故車に関しては、状態がひどいものは一切買い取らない、見た目はまともでも過去に事故を起こしたということがわかると一気に査定額を低くすることが多いので、買取店ではまともに売ることができません。
となるとやはりディーラーでも下取りを拒否されるのか、ということになりますが実はそうではないようです。

 

下取りの価値観

下取りはそもそもその車を下取りしてその車を転売することが本来の目的ではなく、あくまでも新車購入のためのサービスの一環、値引きの一つとしてあるのです。
要するに新車を購入することで不要になる車を下取りして、その金額を値引き額として扱いますよ・・・ということで、新車購入を促すための潤滑剤としての役割を持たされているのです。

下取りでは一応、どういった車をいくらで下取りするということがある程度決められているのですが、この金額ほど曖昧なものはありません。

例えば、これから買う新車の販売台数によって下取り金額が大幅に上下したり、それまでのディーラーとの付き合い方で下取りが変わったりというのもよくある話です。
こういった性格の下取りを使って、新車購入時に事故車を下取りに出すとどうなるかということですが、自走不能のひどい状態のものや修理をしなければまともに走ることができないというものはさすがに下取りしてくれることはありませんが、まともに走ることができるもので、ボディに大きなへこみやキズがある、既に修理済みであり見た目も何ら問題にないといった潜在的な事故車の場合は下取りされることが結構あります。
事故車は価値としては最低の車ですが、ディーラーとしては事故車を下取りしてまでも新車の販売台数を増やしたいという気持ちがあるため、高くはなりませんが買取店で0円評価だったものが数万円や10万円といった金額で下取りすることもあります。
ですから、事故車買取店より高い対価を得ることができるかもしれないのです。