New article

中古車を購入するとき、様々な部分をチェックしていきます。
やはり中古の車になるため、購入後、何かしらのトラブルに発展してしまったら、目も当てられない状況に。
その中でも、絶対にチェックしておきたいポイントがあります。
それが「事故車か?」という点。

 

そもそも事故車とはどのような状態の車なのか?

一般的に言われている事故車とは、事故をしてしまった車のことを指します。
言葉通りの意味のため、特に違和感はありません。

では、その事故は、何処から何処までを事故というのでしょうか?
例えば、ブロック塀に少し擦ってしまい、運悪く、そのブロック塀を倒してしまった場合…これは事故でしょうか?
物損事故になるため、事故と言えるでしょう。
では、ブロック塀が倒れなくても、車側に大きなキズを負ってしまった場合は?
このキズを直すために保険を使いたい場合、事故証明なるものが必要となるため、これもまた事故扱いになることでしょう。

何故、このような当たり前のことを言っているのか?ですが…中古車買取業者、および販売業者は、上記のような事故は「事故車」と言わないのです。
つまり、一般的に広まっている事故車と、業者が言う事故車は、少し意味合いが違うということ。
業者が言う事故車は、いわゆる「修復歴車」のことであり、車に大きなダメージを負っている状態のことを指します。
ということで、次より、その修復歴車のことについて触れていきます。

 

事故車(修復歴車)が敬遠される理由とは何か?

まず修復歴車とは?ですが、平たく言えば、車にとって重要なフレームの修復をしたことがある車のことを指します。
「重要なフレーム」は、車が安全に走行できる主要な骨組みと思ってもらえれば結構です。
昔の家でいう「大黒柱」みたいなものです。
つまり、修復歴があるということは、大黒柱が一度折れたことがあり、それを修理して家が建っているというような状況。
購入する側としては、やはりこのような状況の家は、どうしてもリスクを感じてしまい敬遠をしてしまいますよね。
車の世界も全く同様で、車が走行する上で重要なフレームが一度でも修復がある場合、走行中に重大な事故に繋がるような故障(フレームが曲がってしまうなど)に繋がってしまうリスクを考えてしまいます。
これが敬遠をしたくなってしまう大きな理由です。

 

絶対に購入してはいけないというわけではない

とはいえ、修復歴車を購入することは控えた方がよいというわけではありません。
修復歴車とそうでない通常の中古車を比較したとき、前者の方がリスクは高いことには間違いありません。
しかし、だからといって「絶対に購入してはいけない」というわけでもありません。
考え方1つですが、その分、中古車価格はかなり安くなっているため、リスクを受け入れて購入するのもよいというわけですね。
そもそも、昨今の修復技術は進歩しており、かつ元々の自動車としての完成度も高いため、よっぽどヒドい修復歴車でなければ、気にしなくてもよいレベルまできていると言えるのです。
したがって、そこまで目くじらを立てず、あくまでもそういったリスクがあるという理解で中古車の比較をしていくと良いでしょう。

 

中古車を選ぶとき…修復歴車の見抜き方は?

修復歴車は「程度が酷くなく、かつリスクを受け入れることができれば、まだ購入できる車」と記載させてもらいました。
だからといって、ノーチェックで購入することは危険ということは言うまでもありません。
知った上で購入することが、修復歴車の重要なポイントですからね。
とはいえ…正直なところ、素人では見抜くことは難しいと言わざるを得ません。
ということで、簡単に見抜く2つのテクニックについて触れていきます。

 

中古車販売店のスタッフに素直に質問をする

気になる中古車があったら、中古車販売店のスタッフに率直に「この車は、修復歴車?」と質問をする方法です。
テクニックというほどのものではありませんが、手っ取り早くかつ効果的な質問になります。
中古車販売店は、これらの質問に対して嘘は付けません。
修復歴車?と聴かれ、違うと答えて売ってしまったら、それはもう詐欺ですからね。
また、お店の悪評もあっという間に広がり商売どころではなくなります。
したがって、聴かれたら答えるしかないというわけです。

 

相場と比較して異様に安い中古車は危険

中古車を探しに行く前に、ある程度、気になる車の中古車相場を調べておいてください。
その相場から大きくかけ離れて安くなっている中古車は、やはり危険で修復歴車となっている可能性があります。
激安になればなるほど、それだけ「何かある」ということを意味します。
もし、レクサス IS 300h Fスポーツ(H26・1.5万km)の車が10万円で売っていたら…購入しますか?
2016年現在では約400万円しますが…これだけ安いと、やはり修復歴車であり、いわくつきの可能性が高くなってきます。
(10万円はあまりにも極端で、これくらい下がってしまうことは、まずありませんが…(廃車になっている可能性が高い))
繰り返しになりますが、このように相場からかけ離れている場合は、修復歴車の可能性が高いということです。

 

修復歴車の見抜き方【其の弐】

素人でも修復歴車であるということを明確にさせる方法を2つご紹介しましたが、これはあくまでも販売店側が修復歴車だと言うことを知っているということが前提条件になります。
また、販売店側が正直であるということも条件に加わってきますね^^

そこで、ちょっと上級編にはなりますが、簡単に出来てしまう修復歴車の見分け方をお伝えしておきます。
ただし、この方法は完璧ではありません。
あくまでも素人が見て修復歴車かもと予測を立てることが出来ると言う程度に留めてお読み下さい。

 

見分け方は、左右対称かを見るということです。
修復歴車は以下の画像の箇所1~9のどれかを交換または修復している車のことを言いますので、それなりに車体へ衝撃があるということになります。
ですから、強い衝撃を受けた車体は左右対称でないことが多いのです。
では、車体のどこを見れば良いのかと言いますと、ボンネットかトランクを見て下さい。
ボンネットとフェンダーの間に隙間があると思いますが、その隙間の幅が左右で違っている場合は、修復歴車である可能性が高いです。
トランクも同じでトランクドアとリアフェンダーの隙間の幅を見るようにしましょう。
前述したように、現在は技術の進歩で正確に直してしまっていることも考えられますが、この知識を持っているだけで可能性を見ることが出来ますので頭の片隅に入れておいても良いかと^^

 

修復歴車の定義

一言で言えば「車の骨格か?」が明確な定義となります。
人間には、絶対に死守すべき部位というものがあります。
例えば、心臓であったり、大動脈であったり、脊髄であったり、脳であったりと。
そして、何処かを傷つけてしまった場合、いくら治療をしたとしても相応の後遺症というものを抱えてしまいます。
つまり大病や大怪我をして、重要な部位を傷つけてしまった人と全く健康体で生活をしてきた人とでは「健康度」は、やはり違ってきます。
車も全く同じで「絶対に死守すべきパーツ」というものがあります。
その死守すべきパーツを破損してしまい、修理をしたことがある車のことを修復歴車といいます。
では、その死守すべきパーツは何処なのか?

 

ボンネットタイプの車であれば大きく8箇所

車のタイプ(ミニバンなど)によって細かくは異なってきますが、基本的な考え方は同じため、ここではボンネットタイプを参考にお話を進めていきます。
見出しにも記載した通り、ボンネットタイプであれば大きく8箇所の死守すべきパーツがあります。
フレーム、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロアです。
これらは、車を支えるために重要なパーツとなる部分で、これを元に様々なパーツが装備されていきます。

 

具体的な定義

修復歴車の定義は、以下の画像にある数字1~9までのどこか1か所でも交換または修復したことがある車です。

修復歴車の定義

 

一般財団法人 日本自動車査定協会

  1. フレーム
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. トランクフロア
  9. ラジエータコアサポート

 

感の良い方はお気づきかも知れませんが、これ以外の箇所をいくら交換しても修復しても修復歴車にはならないということです。
例えば、左折した時に内輪差を見誤り、後部ドアを壁にぶつけてしまい後ろのドアを交換しました。
この車は修復歴車でしょうか?
違いますね。
ドアの交換ですので、上記1~9には入っていないので修復歴車とはなりません。
ただし、ドアを交換したという事実は残りますので、完全になかったことにはならないので注意しましょう。

 

さらに細かく分類され…修復度合いでランク付けされる

先に紹介したパーツは、あくまでも大まかに分類した場合のお話です。
その中でも細かく分類され、さらに重要度にも差が付いてきます。
例えば、ピラーを修復した場合、フロアを修復した場合とでは意味合いが全く異なるというわけです。
先のピラー修復は、修復歴のランクの中でも最高ランクに位置付けされる「Aランク」で、大きなダメージを負ってしまったことを意味します。
(ちなみにピラー交換になると、Bランクになり、ダメージは小さい扱いになっています)
そして、フロア修復歴はCランクに位置付けされます。

 

修復歴車の定義を知ることで売却時有利になる

修復歴車の定義や見分け方を知っていると中古車を購入する時だけでなく、愛車を売る時にも役立ちます。
売却の際には、買取店や販売店で査定を受けることになりますが、買取り側としては安く買い取りたいので、ドアの交換や修復、バンパーの交換や修復などを見つけた場合には「ここ交換されていますね。事故をおこされました?」などと質問をしてくるはずです。
その時に「はい。交換しています。」と答えると「事故車扱いですね。」と割安に買い取ろうと事故車であるということを伝えてくるはずです。
しかし、その時に「はい。交換していますが修復歴車にはならないですね。」と答えるだけで、買取店側としては【この人は知識があるな】と認識するはずです。

このやり取りで何が違うのかと言うと、買取店側は無知な人からは安く買いたたいてしまおうと意気込んでおり、前者の答え方と後者の答え方では買取提示額は大きく違ってきます。
前者の答え方だと事故車扱い即ち修復歴車と同じ扱いにされてしまい、後者の答え方だと修復歴なしと扱われることになるのです。
この違いは大きいですね。

そして、ある程度の知識があると言うことを買取店側に認識させることにより、無駄に減額しようとはしてこないはずです。
知識が最大の防御になるということ。

こういった知識を付けておくことで、購入する際にも売却する際にも有利に立つことが出来るかも知れませんね^^

 

衝撃を吸収するために「ワザと柔くしている」

さて、車の骨格となる重要なパーツたちですが…重要だからこそ丈夫に仕上げて安全面に万全を期したいところ。
確かに、このような流れになった時代はありましたが…昨今は、敢えて「柔くしている」という流れになっています。
少々、乱暴な論調ではありますが、まずはこのように理解して頂ければよいかと思います。

では、何故、敢えて柔くしているのか?
答えは、非常に簡単で「人を守るため」です。
「人を守る」というのは、大きく2つに分類することができます。
1つは車内にいる人を守る、もう1つは車外の人を守るという意味です。

 

まずは「車内にいる人を守る」ですが…。
一昔前に、とあるテレビコマーシャルで「激しく衝突させた映像」を敢えて流したものがありました。
このテレビコマーシャルの真意は、激しく衝突させたとしても車内の中は全く影響がないことを表現したかったからです。
つまり見た目は派手に車が破損しているにも関わらず、肝心の車内空間は全く破損をしていないというわけです。
当時は非常にセンセーショナルなもので世間を驚かせました。
(自動追突防止装置が発表されたときのような衝撃でした)
これを実現した大きな要因が、このフレームの部分を敢えて柔くして衝撃を吸収してしまおうということでした。
結果、車の骨格となる部分を柔らかくして「車の丈夫さを捨て、車内の安全を最優先させた」というわけですね。

 

続いて、車外の人を守るという意味。
車内の人を守るという意味合いであれば直ぐに理解できますが、こちらはなかなか理解が難しいところ。
実はこれも「衝撃を吸収することを目的としている」ことが共通点として挙げられます。
平たく言えば、人を撥ねてしまったとき撥ねられてしまった人の衝撃を可能な限り吸収するため、車を柔らかくしたというわけです。

このように自動車の主要なパーツというのは、人を守るためにワザと柔くしているのです。

 

中古車として扱うとき大きな意味を持つ修復歴の有無

とはいえ、実際に自動車に乗るとなったとき、この修復歴車かどうか?というのは、前述した通りに大きな意味を持ちます。
やはり一度でも修復をしてしまえば、丈夫さはさらになくなってしまい様々なリスクを背負うことになります。
愛車として売る側であれば、査定額は一気に低くなりますし、中古車として購入する場合は、リスクが高い車として乗っていかなければなりません。
人それぞれの考え方のため何が正しいのか?は言いかねますが…共通して言えることは、安全運転をして可能な限り修復歴車とならないように努力をしていくことでしょう。