New article

事故を起こしてそれなりの損害を受けてしまったとなった時に、場合によってはその車に乗り続けることが嫌になってしまうこともあるでしょう。
そういった時、結局は売却するか、新車購入のための下取りに出すといったことになります。
ただ、一般的には下取りに出して新車を買うよりも買取店などで売却し、そのお金を購入資金の一部として使って購入した方が実質的に新車を安く買うことができるので、買取店で売却することになるでしょう。

 

価値の低下は免れない

損害の程度にもよりますが、車両保険や自腹でその車を直したとしても現実的にはその車の価値は落ちており、事故を起こさなかった時の買取金額とはかなりの違いが生まれます。
自動車保険や過失割合、事故相手の出方などによって、その損失分を補償してもらうことは可能ですが、現実はそれほど甘くなく、その補償額で実施の査定額の減額分を補填することは難しいでしょう。(事故による価値低下の補填方法は、事故による価値下落は事故減価格証明書を基に補填してもらうでお話ししていますので、そちらを参考にしてみて下さい。)
そうなると後はできるだけ高く売ることを目指すことになりますが、間違っても事故を起こしたことを隠さない方がいいでしょう。

 

買取店で事故の事実を隠さない

買取店で車を売却しようとなると誰でもできるだけ高く売りたいという形になると思います。
そういった中で事故を起こした車を売却する場合、どうしても事故車であることを隠したくなるのも人の常で、ついつい事故を起こしたことを何とか隠ぺいしようといろいろと考えるわけですが、ほとんどの場合はそういった努力の甲斐もなく、あっさりと事故車であることはばれてしまうでしょう。
それにばれてしまうだけでなく、それによって必要以上に査定額が低くなったり、後々トラブルにあう可能性が高くなってしまいます。

 

告知義務

買取店で査定をする時には、ただ単に車を見せればいいだけではなく、その車が被ったいろいろなマイナス面を査定する人間に伝える義務があります。
これは査定だけで済ますだけであれば別に構わないのですが、査定から実際に売却するとなる場合では、売買契約を結ぶことに繋がり、その契約書に告知義務として事故を起こしたことがあるということやそれ以外にも車にある不具合などを告知するという決まりごとが書かれています。
事故を隠すために、事故を起こして修理したことを隠ぺいするということは、この売買契約において契約違反をしたということになり、強制解約やひどい場合では訴訟を起こされることもあります。

 

査定

車の査定をする人間、一般的に査定士などといわれていますが、特に資格など必要なく、買取店などに入社すれば査定など誰でもできるようになりますので、それ程恐れることはありません。
時には間違った査定額を出すこともあるでしょう。
しかし、事故車の判別だけは、どの買取店や中古車販売店でも徹底した教育が行われていますので、事故車を見逃すことはほとんどありません。

バンパーの取り付け部、ボディパネルの固定ボルト、溶接の跡などすぐに見つけ、事故車であることをすぐに見抜きます。

それもそのはず、買取店などにしてみれば事故車や修復歴車はを相場通りに買い取ってしまうと商売にならないのであって、間違って事故車ではない金額で買い取ってしまったら中古車オークションでとことん買いたたかれることになります。
すなわち、お金を捨てているようなものになってしまうのです。
キズ一本は見逃しても、ボディパネルの固定用ボルトの塗装剥がれは見逃しません。

これだけ厳重に事故車を見抜こうとしている買取店で、素人が事故車であることを隠そうということは土台、無理ということであって、更に嘘の申告をしたということでその人自体の信頼性が無くなり査定全体に悪影響を及ぼすことになります。

 

二次査定

査定において仮にうまく事故車であることがばれなかったとしても、買取店には二次査定をという強い見方があります。

これは売買契約書にも書かれていることですが、査定を終え、買取金額を決定し、車を買取店に引き取ってもらった後でも、再度査定をし修復跡などが見つかった場合で、その時に出た査定額が本来の査定で出た金額より安くなった場合は、その安くなった方の金額を買取金額にすることができるというものです。

査定する人間が若く受け答えもたどたどしい新人だからといって事故車であることを隠し通し、通常の状態であるものとして査定額を出してもらい契約を結んだとしても、二次査定としてベテランの社員(査定士)が査定または、オークション会場の検査員が検査し、事故車であることを見抜き、それによって査定額が200万円から150万円になるといった形になったとすると200万円は振り込まれることにはならず、電話などで「二次査定で修復痕が見つかったので50万円減額になります」と連絡が入ることになるのです。

こういったことは買取店におけるトラブルとして非常に多いもので、故意で事故車であることを隠した時だけでなく、査定した人間の能力の無さやいわゆる営業戦略としてわざとそうする業者もおり、売主が国民生活センターなどに駆け込むなどいうことも起こっています。
事故車隠しをするということは、そういったごたごたを自らが引き起こしていることにもなりますので、はっきり言って無駄な努力であり悩みを増やすだけのことであるということです。

 

隠ぺいがばれると・・・

事故車であることをひた隠しにして車を売却することは事実上は無理です。
ですので、それをすること自体が無駄なことなのですが、まかり間違って隠すことができたとしても、その後どこかでばれる可能性が非常に高く、それによっていろいろ嫌な思いをすることになってしまうでしょう。

査定額は激減し、それで済めばいいですが一方的に解約されることもあります。
そういった場合の解約も契約書にうたわれているので文句のつけようがありません。

解約の際も買取店側が実際に被った被害、例えば車を運搬した時の費用やオークション出品後ではその出品手数料、転売先が決まっていた場合はその売却費用などを請求されることもあります。
それらを無視すると法的手段に訴えられることもあり、そこまで行ってしまうとかなりの大ごととなります。
そうなってから「あの時、嘘をつかなければよかった」などと思っても「時すでに遅し」です。
買取店で車を売るときは正直者でいきましょう。

 

正直に話しているのであれば減額拒否もあり

逆に隠蔽などせずに正直にマイナス点なども話していれば、後々に減額請求が来たとしても突っぱねることも可能です。
確かに売買契約書には、二次査定を行い瑕疵が見つかった場合には減額もしくは白紙撤回すると書かれていることが多いですが、実はこれ自体が無効という判決も出ていますので^^

本当に知らなかった、自分もその車を中古で購入するときに修復歴車ではないという形で購入したという場合には、強く拒否しても良いでしょう。
裁判になったとしても勝てる可能性はかなり高いですし、多分裁判にまではならず途中で上司が出てきて折り合いをつけてくれるはずです。