New article

新車の需要が軒並みあまり良くない中で、それと引き換えということではありませんが、中古車がよく売れているようです。
新車の価格が高くなってしまったこと、低燃費ばかりを追いかけた結果、新車に魅力的な車が少なくなってしまったことなどが原因として考えられますが、そもそも中古車というもの、新車というものはどういったものなのか考えたことがありますか?

新車は新しい車、中古車は他人が乗っていた車を二次利用した車といったように考えていると思いますが、それも正解です。
ただ、新車はこういうもの中古車はこういうものという明確な答えは他にあります。

 

新車の定義

新車とは、自動車メーカーの生産ラインで作られ、その生産ラインを降りてすぐに販売された車のことを言います。
車体も全て新品で走行距離も数キロから数十キロ程度、ボディには保護シートが貼られた状態でナンバープレートすらつけられていない、こういったものが新車と呼ばれるものです。

ナンバープレートがついていないということは、まだ正式に名義の登録が済んでいないということで、実はここが新車が新車である理由となります。
要するに登録を1回もしたことがないもの、これから初めて新規登録として登録手続きを行う車のことを言います。
初めてのオーナーに初めての車検証、初めてのナンバープレート、これらのものを持った車が新車と呼ぶことができるのです。

 

中古車の定義は登録に依存する

中古車販売店で売られている車が中古車、確かにそうですが正しい概念はやはり登録状況によるものとなります。
中古車は全くの他人が下取りに出したり、買取店などで買取に出したりしたものが中古車市場の流通経路を通って、中古車販売店などにならび、そこで買われていきます。
ですので、前オーナー、買取店やディーラー、中古車販売店、新しいオーナーと名義は移り変わり、購入した方の名義は少なくても2人目、多くて4人目となることとなり、中古車を買った人はその車の初めてのオーナーではありません。

例えば、ワンオーナーカーと販売されている中古車でも、確かにオーナーとしての数は1人で次に買う人が2人目ということになりますが、登録としては新しいオーナーが最大で4人目の名義人となるということになります。
このように過去に登録がされていて、その名義から名義変更を行い新しい名義にするといった形をとる車が中古車であるということになるのです。

 

車体と登録がちぐはぐなもの

初めて登録する車が新車、既に登録されていて名義変更を行う必要がある車が中古車となりますが、実はそれ以外にも一見して、それが新車であるのか中古車であるのか分かりにくいタイプのものがあります。

新古車、恐らく1度は聞いたことがあるかと思いますが、稀にディーラーから放出されたり、中古車販売店でかなり高い金額で売られていたりするところを見ることがあります。
新古車というのは非常に難しい意味合いを持っており、新車だけど年式が古くなっているものと中古車だけど年式が新しいものとがあります。

新車だけど年式が古いものは、ディーラーから時々売られることがあります。
これはディーラーが自動車メーカーから展示車両として購入したもので、公道を走るわけではないので、ナンバープレートが付いているわけでもなく登録ももちろんされていません。
ですので、登録的には新車の扱いとなるのですが、展示されて1年なり2年なり経つことから年式はそれなりに古くなり、年式的には中古車として見ることもできるのです。
登録は新車、車体は数年落ち、というのがこのパターンです。

 

もう一つの中古車だけど年式が新しいもの、これは中古車販売店が新しく出た人気モデルを購入して、それを販売するときに出るものです。
大人気モデルは注文から納車まで、場合によって3か月待ち半年待ちなどといったことになりがちです。
そのモデルが欲しいがそこまで待っていられないという方が求めるのがこの新古車で、中古車販売店などが人気の出具合を見越して、すぐに新車を購入し、それをすぐに商品として販売するのです。

中古車販売店などが購入しているので、名義は一度、その中古車販売店などとなります。
しかし、車としては乗り回すことなく大事に商品としておいてあるので、車体自体は新車と同じなのです。
登録上は中古車、車体は新車というのがこのパターンです。

新古車といってもこの二通りのものがあるわけです。

 

中古車は名義で判断する

こうして登録と車体の状態を分けて見ることで新車の定義、中古車の定義がよくわかると思います。
登録と状態は別、一度でも登録がされ、名義人として誰かの名前が記入されている車検証があるものはすべて中古車となるということです。