New article

車に乗っているといつしか廃車をしなければならない時があります。
愛車を乗りつぶした、大事故を起こして大破してしまったといったような車自体がもう使い物にならなくなった時以外にも長期間、車を使わない状況になった時とか一時的に車の車両登録を消したい時なども廃車を行います。

しかし、廃車をしたい時にまだローンが残っているということも考えられます。
そういった場合には、どういった手続きが必要なのかなども一緒に見て行きましょう。

 

廃車とは

廃車というとボロボロ、ぐちゃぐちゃになった車を捨てるという形で解釈している方が多いかと思いますが、確かにそういった形で廃車手続きを行うことが一番多いようです。
しかし、実際にはそういったことだけでなくいろいろな理由から廃車手続きを行うことがあるようです。

 

廃車は2種類

廃車には2つのパターンがあります。

1つは文字通りの廃車で、乗りつぶしてボロボロになって、売るにも売れないといった車をいわゆる「ごみ」として処分してしまおうという場合、これは永久登録抹消という手続きを行います。
対して、車は必要だが、入院や海外出張、怪我などによってその車に乗れそうもない期間が長引くときやモータースポーツ用の車に作り替えようといった、もう公道を走る必要がない場合になどに行う、一時登録抹消というものがあります。

 

永久登録抹消

永久登録抹消は、車を鉄くずにして完全にこの世からその車の存在をなくしてしまおうといった時にとる方法です。
そのため、この手続きを行うためには「解体」が必要となり、解体したことを証明したうえで手続きを行うことになります。

 

一時登録抹消

一時登録抹消は読んで字のごとく、一時的に登録を廃するということで再度、公道で乗る必要があるときは、手続きをすればそれまでと同じ様に道路を走ることができるようになります。
こちらの場合は、また乗ることを想定しているものですので、解体する必要はなく、ナンバープレートを取り外す以外の作業はいらず、書類だけの手続きで行うことができます。
これを行ったことによって、登録が抹消されるわけですから、その間は当然ながら、自動車税や自動車重量税、自賠責保険などの税金の納税や費用、支払い義務もなくなります。

 

廃車手続きに関して

廃車手続きは、永久登録抹消にしても一時登録抹消にしても、基本は書類提出による申請によって行います。
提出先は車検場などに隣接する陸運支局ということになりますが、この手続きをすることができるのは、もちろんその車の持ち主ということになります。

厳密にいえば、車検証の「所有者」欄に書かれている方だけが行うことができ、例外として委任状を添えれば代行業者などの第三者が行うこともできます。

ここで重要なのは「所有者しかできない手続き」ということです。

ということは、「使用者」欄に書かれている方ではこの手続きをできないということです。
何が言いたいかというと、信販会社などで自動車ローンを組んで、所有者欄に信販会社などの名前が使用者欄に自分に名前が書かれている状態では手続きができないということです。
どうしても廃車手続きを行いたいのであれば「使用者」から「所有者」に変身しなければならないということになります。

 

所有者になるためには

「使用者」から「所有者」になるためには、自動車ローンを組んだ信販会社などに所有権解除の申し立てを行わなければなりません。
しかし、ほとんどの場合は現在返済中の自動車ローンを完済しなければ、所有権解除を受け付けてくれませんので、まずそこから行動を起こします。

自前でそのお金が用意できるのであれば、それを使うのが一番いいでしょう。
しかし、ローンを組んでまで購入した車ですのでなかなかそういったことも難しく、銀行や信販会社、貸金業者などからフリーローンの名目でお金を借りて、それを所有権解除のための自動車ローン完済に使うということになるかと思います。
とにかく自動車ローンを完済することが絶対条件となります。

 

所有権解除が必要でない場合も

自動車ローンを使ってその車を購入しているからといって、必ずしも所有権解除を行わなければならないということではありません。
実はここ最近の銀行系の自動車ローンは、所有者を銀行とせず最初からその車を購入した人に設定することが多くなっており、自動車ローンを使って購入した車でも「所有者」欄に自分の名前が記載されることが増えてきました。

この場合は所有者が自分なのですから、廃車も自由にできます。
すぐにでも準備を始めましょう。
ただし、それで自動車ローンを払わなくてもいいと言う都合のよいことにはなりませんので、スケジュール通りに返済は続けていくことになります。