New article

自動車を動かすために必要なものといえばガソリンや軽油などの燃料ということになりますが、これ以外にも必ずなければならないものに電気があります。

ハイブリッドカーやEVなどの特殊なものを除いて、車に使われている電気は直流で乗用車は12ボルト、大型トラックなどは24ボルトとなります。
直流ですから、小学校の理科の授業で行った電球と乾電池の実験と同じもので、乾電池は一本当たり1.5ボルトであるのに対して、自動車のバッテリーは12ボルトや24ボルトとなっているだけのことです。

理科の実験では電球をつける電気の源となるのは乾電池でしたが、自動車の場合はちょっとカッコつけてバッテリーなどと呼びます。
直流12V(あるいは24V)バッテリーというのが自動車のバッテリーということになります。

 

電気系の仕組み

自動車における電気系の仕組みというのは非常に単純で、直流ですからプラスとマイナスを電装品につなげれば機能するようになっています。
もちろんバッテリーにもプラス端子とマイナス端子がついていて、両方から太いケーブルが出ているわけですが、自動車では、例えばカーナビまで直接プラスコードとマイナスコードがつなげられているわけではなく、バッテリーとコードでつながっているのはプラス端子から延びているプラス電源のコードだけとなります。
一部の車ではマイナス端子から延びているコードだけという場合もありますが、一般的にはプラス側のコードだけが直接つながっている形となっています。

 

ではマイナス側どうなっているのかというと、マイナス側はボディの金属面から延びているコードがつなげられているのです。
これが俗にいう「アース」や「マイナスアース」と呼ばれるもので、自動車は車のボディの金属部分全てをマイナス端子として使うことができるようになっており、マイナス側を取るのにわざわざバッテリーのマイナス端子までコードを伸ばさなくてもいいようになっています。

要するに常時電源、イグニッション、イルミネーション、アクセサリーといった物はいろいろなプラス電源から取り、マイナスはその電装品の近くにあるボディやフレームなどにつけられている既存のボルトなどに共締めすればいいと言うことです。
意外と単純にできています。

 

バッテリーは蓄電池

仕組みさえわかれば、そんなに難しくない自動車の電気系ですが、どんなに電気系に詳しくても避けられないトラブルというものがあります
それがバッテリー上がりです。

バッテリーはそもそも単なる蓄電池で、容量は多いものの作りは乾電池や携帯電話のバッテリーと同じです。
使えば使うほど減っていき、いつかは充電しなければなりません。

しかし、自動車には画期的な構造が付けられています。
オルタネーターという発電機です。

オルタネーターは、エンジンが回っていれば常に回っている発電機で、電磁クラッチによって発電をしたり、止めたりすることができるようになっています。
電気をたくさん使ってもオルタネーターで発電されているので、電気が無くなることが理論的にはありません。

しかし、エンジンをスタートする時だけはオルタネーターによる充電を受けることができません。
それもそのはず、エンジンが回っていない状態なのですから発電されることもなく、要するにバッテリーの電力だけで、スターターモーターを回さなければならないのです。
くしくもスターターモーターと言うのは、自動車の電装品の中で一番電気を喰う部品であるため、バッテリーにかかる負担は並大抵のことではありません。

その負担に負けた時、バッテリーが劣化していてたくさんの電気をためることができない時、オルタネーターの故障などによって、前回走っていた時に充電が十分されていなかった時、電装品をつけっぱなしで長時間エンジンを止めていた時などに起こるのが、バッテリー上がりによるエンジンの始動不能状態です。

 

バッテリー上がりの対処

バッテリーが上がってしまい、スターターモーターを回すことができない状態になった場合は、とにかく外部から電力を得る事、充電することを考えます。

 

ガレージでのバッテリー上がり

自宅のガレージで、バッテリー上がりを起こした場合は、急ぎでなければバッテリー充電器を用いてバッテリーを充電してからエンジンをかけます。
残っている電力量にもよりますが、数時間から一晩ぐらい時間をかけて充電すればエンジンをかけることができるでしょう。
充電器によってはジャンプスタート機能というものがついているものがあり、それがついているものでしたら、充電器をバッテリーにつないですぐにエンジンをかけることができますが、電力量が少ないとそれもできないことがあります。

予備のバッテリーがあればそれを並列につないで電力を補いながらエンジンをスタートします。
これは、出先でのバッテリー上がりと同じことで、ブースターケーブルを使って、2つのバッテリーを並列で繋ぎ、エンジンがかかったら予備バッテリーを外します。
方法も全く同じですので、後述する方法を参考にしてください。

 

出先でのバッテリー上がり

商業施設の駐車場やコインパーキングなど、出先でバッテリー上がりを起こした場合、一番簡単なのがJAFや自動車保険のロードサービスを呼ぶことです。
これなら電話をして待つだけですので、世話無しです・・・、しかし、ロードサービスが来るまで時間がかかりますし、場合によっては料金を取られることもありますので、できれば避けたいところです。
そこでおすすめしたいのが、ブースターケーブルを使う方法です。

ブースターケーブルとは両端にワニ口クリップがついた二本一組のケーブルのことですが、これを健全な状態の車のバッテリーとつないで、その車の電力を借りて、とりあえずエンジンをかけてしまおうというものです。
とりあえずエンジンがかかってしまえば、オルタネーターが壊れていないことを条件に、あとは自己発電ができますので、すぐに走りだすことができます。

それにはまず、バッテリーを繋いでくれる車を探さなければなりません。
意地悪な方や急いでいる方でない限り、お願いすれば快く受けてくれるとは思いますが、相手にもブースターケーブルの知識がないとかなり苦戦するので、自分でしっかりと覚えておいて電気だけを借りるような形をとりましょう。
相手の見つけ方ですが、商業施設などであれば警備員さんなどにお願いすると施設の車を持ってきてくれたり、相手を見つけてくれたりすることもありますが、それでも見つからない場合は、その辺にいる方にお願いするしかありません。

相手を見つけたら早速、ブースターケーブルを繋ぎます。
まずはブースターケーブルが両車のエンジンルームに届く位置に車を寄せてもらいます。
そしたら、相手の車のエンジンを止め、エンジンルームを開けてもらいます。
もちろん自分の車のエンジンルームも空けておきますが、注意が必要なのがここからのブースターケーブルのつなぎ方です。
つなぎ方を間違えると、最悪ショートして車両火災に至ることもありますので、順番と段取りを間違えないようにしましょう。

最初につなぐのは、自分の車のバッテリーにあるプラス端子に赤いビニール被覆がついているワニ口クリップを挟みます。
そして、その反対側にある同じく赤いビニール被覆が付けられているワニ口クリップを相手の車のバッテリーにあるプラス端子、あるいはバッテリーが後ろにあるタイプの車では、エンジンルーム内にあるプラス端子の取り出し部に挟みます。
この時に、プラス端子が自分の車や相手の車のボディなどに触れないようにします。
これで、プラス端子同士をつなぐことができました。

今度はマイナス側です。
マイナス側は今の順番の反対のことをします。
まずは同じ側にある黒いビニール被覆のワニ口クリップを相手のバッテリーのマイナス端子に取り付けます。
この時点で、反対側の黒いビニール被覆のワニ口クリップには電気が流れ始めているので、金属部分に不用意に触れないように注意します。

そして、次に黒いビニール被覆のワニ口クリップを繋ぐわけですが、ここで自車のバッテリーのマイナス端子につないではいけません。
火花が出てしまい、引火する恐れがあります。
それを避けるために、自車側はエンジンブロックやエンジンハンガーなどにワニ口クリップを挟み込みます。
先ほど言いました通り、車の金属部分はすべてマイナス端子ですので、その状態でもちゃんと電気は流れます。

これで準備はできました。
エンジンスタートということになりますが、その前に相手の車にエンジンをかけてもらい、少しアクセルペダルを踏んでもらって、エンジン回転数を上げてもらいます。
そうすることで発電量が増すので、よりエンジンがかかりやすくなります。

ここまで来たらあとは自分の車のエンジンをかけるだけ、プッシュボタンやキーをひねればエンジンがかかるはずです。

エンジンがかかったら今度はブースターケーブルの取り外しですが、取り外しは取り付けと逆の順番で行いますので、自車のマイナス端子、相手のマイナス端子、相手のプラス端子、自車のプラス端子といった順番で取り外していきます。
その時くれぐれも、ワニ口クリップをボディなどの金属面に触れさしたり、ワニ口クリップを同士を接触させたりしないようにしましょう。

これで完了です、相手の方にお礼を言いつつ、ドリンクでも差し上げておきましょう。

 

エンジンがかかった後は、家に着くまで絶対にエンジンをとめてはいけません。
再始動することができる充電量まで電気をためるにはそれ相当時間がかかりますし、何かしらのトラブルも考えられますので家に直帰します。
走行中も一つ下のギヤで走るとか、オートマチックトランスミッションやCVTであれば、ホールドモードなどを使ってエンジン回転数を高めに保っておきましょう。