New article

ファミリーカーのミニバンが大ヒットになった時代からだいぶ経ちますが、その時から特に注目を集めるようになったのが、チャイルドシートというものです。

チャイルドシートは小さな子供を交通事故時の衝撃から体を守るために作られたもので、かなり昔から販売されていました。
しかし、親が面倒臭がる、事故など起こすはずもない、座らせると泣きわめく、かなり高い(モータースポーツ用のバケットシート並の価格)といった理由からこれをわざわざ購入して車に取り付ける方はほとんどおらず、本当に子供を大事にしている親にしか売れない商品でした。

ただ一方では、チャイルドシートのおかげで命拾いをしたという事例が多くなったことから、次第に認知度が高くなり、それによってチャイルドシートを付ける方が多くなりはじめ、それと同時に国もそこに目をつけ、将来の所得税、住民税の納税者になる子供を守ろうとチャイルドシートの法整備を始めたのです。

 

チャイルドシートにかかわる法律

チャイルドシートという言葉が道路交通法に初めて記載されたのは2000年4月に行われた道路交通法の改正からです。

内容としては、6歳未満の子供を車に乗せる時は必ずチャイルドシートを取り付け、そこに座らせなければならないというものです。
違反をすると反則点数1点となります。

ただ、この法律にも例外があります。
これはシートベルトの着用義務と似たようなもので、道路交通法の言葉でいえば「やむを得ない場合」はチャイルドシートに座らせなくてもいいということになりますが、この内容は法律の条文ではあまり明確化されていないので、あきらかに無理だろうという時以外は座らせる義務があるということになります。

チャイルドシートを使用しなくていい場合を個人の乗用車で現実的なものを想定すると

  • 肥満児
  • 怪我や病気によってシートに収まらない、あるいはシートベルトが付けられないといった場合
  • 定員いっぱい乗る時にチャイルドシートがあると乗り切れない場合
  • 乳児など、授乳をしなければならない場合

といったところでしょう。

 

チャイルドシートは安全?

チャイルドシートは子供を安全に移動させるための必需品となっているわけですが、果たして本当にチャイルドシートに座らせているからといって安全が確保できているのでしょうか?
答えは「否」です。

 

チャイルドシートで安全性を確保するには

チャイルドシートを購入して、それをシートに括り付け、そこに子供を座らせたからといって安全性を確保できたわけではありません。
場合によっては、より一層危険度を増すこともあります。

 

サイズ

子供の成長は非常に目まぐるしいもので、他人の子供を久しぶりに見るとかなりのスピードで大きくなっていることに気が付きます。
親にとっては非常にうれしいことであるわけですが、体が大きくなるということはいろいろな体の部分が大きくなってくるということで、洋服を買い替えるのと同じようにチャイルドシートも子供の体にサイズの合ったものを選ばなければなりません。

市販されているものを見ると乳児用、幼児用、学童用といった形で分類されており、商品によっては調整機能によって乳児用・幼児用の両方の時期を使えるようになっているものや幼児用と学童用の両方を使うことができるようになっているものもあります。
ということは、子供の年齢や体格によって使い分ける必要があるということで、赤ちゃんが生まれたので購入したチャイルドシート(ベビーシートと呼ばれることが多い)を小学校に入学するまで使い続けることはできないということです。

適用年齢が小さいものであればシートのサイズもおのずと小さくなることから座ることすらできませんが、とても危険なのが、その逆であるシートの適用年齢やサイズが大きい場合です。

この場合は、座ることはできますが、左右に隙間ができ、しっかりとホールドされなかったり、シートベルトがゆるゆるであったりすることになります。
要はシートの中で子供があばれている状態になるということです。

この状態で衝突などの大きな縦Gが加わると、シートベルトのすきまから飛び出してしまい、シートバックやフロントガラスなどに頭から突っ込む形になりますし、横からの衝撃ですとシートからこぼれ落ちてしまいます。
重症や死亡は免れないでしょう。

 

チャイルドシートの取り付け方

最近のチャイルドシートはISOFIXという取付規格に合わせて作られており、車側もそれに対応した形で作られているので、その規格に合っている商品、車であれば間違いなく確実にチャイルドシートを取り付けることができるでしょう。
しかし、そのISOFIX規格ができる2001年以前に作られたものやISOFIXの取り付け金具がなくても付けられるようになっている商品で、シートベルトなどを利用して取り付ける場合で、取り付け方がいい加減であったり、本来の付け方ではない付け方をしてしまった場合はその取り付け方によって大惨事を引き起こします。

この場合、チャイルドシートのサイズや子供の座らせ方が正しくても、事故による衝撃や事故にならなくても急ブレーキを踏んだだけでも、チャイルドシートごと前に飛んでいくことになります。
チャイルドシートに収まっている状態は仮に中に座っている子供がそれなりに大きくても動きを制限されている状態ですので、反射的にとる回避行動が出来なくなり、大きな怪我をしたり、死亡してしまうことも考えられます。

 

チャイルドシート取り付け位置

例えば、4ドアセダンで4人が座っているとします。
この中で事故にあった時に一番死亡率が高いのはどこだと思いますか?

正解は助手席です。
逆に一番死亡率が低いのはリヤシートです。

ということはチャイルドシートを取り付けるべき位置はリヤシートということになります。
ミニバンの場合はシートが3列ありますが、この場合はセカンドシートにつけるのがベストです。(現実的ではないですけどね・・)

面倒を見やすいからといって、助手席にシートベルトでチャイルドシートを括り付け、そこに大事な大事な子供を座らせている車を見かけますが、その状態で前から突っ込む形で事故を起こした時は、自分は助かっても、子供だけ失ってしまうという親としては最悪の状況になってしまいます。
それに助手席にはエアバッグというものがあり、強い衝撃を受けるとそれがかなりの勢いで膨らんできますので、それによっても子供に大きなダメージを与えます。

前向きに座らせている場合は顔面から胸、お腹あたりにエアバッグが当たり、顔面骨折、脳挫傷、内臓破裂といった死に至る重傷を受けてしまいます。
後ろ向きに座らせた時でもエアバッグの勢いでチャイルドシートがシートバック側にたたきつけられ、同じように顔面骨折、脳挫傷、呼吸困難などを引き起こし、死に至らしめる形になる可能性は高いでしょう。

こういったこと避けるためには親の都合に合わせてチャイルドシートを設置するのではなく、本当の意味で子供の安全を確保するため、3列目のリヤシートやセカンドシートに取り付けた方がいいでしょう。
ベストな場所は死亡率の最も低い運転席の後ろ側です。

ちなみに、どうしても助手席にチャイルドシートを取り付ける場合は、エアーバッグの機能をオフにすること。
国産車の場合は、整備業者などに依頼してオフにしてもらいましょう。
外車の場合は、オンオフスイッチがグローブボックスの中や周辺にある場合がありますので、それで対応可能で、ない場合は国産車と同じ方法を取りましょう。

 

チャイルドシートは諸刃の剣

正しいサイズ選び、正しい座らせ方、正しい設置場所など、そのチャイルドシートにとって正しい使い方をすれば、これほど子供の安全を確保することができるものはありません。
しかし、1つでも間違ってしまうと小さな怪我が大きな怪我に、怪我が死亡に繋がってしまうこともあるということをよく理解して使ってもらいたいものです。
もし、できない、あるいは自信がないということであれば、子供が一緒の場合は車を使わないことも考えるべきでしょう。

助手席にチャイルドシートなしで座らせる行為は、親が子供に死刑宣告しているのと同じですよ。